ダ・ヴィンチ - ワラウ

無自覚に暴言を吐く私と、それに反応して怒り出す夫。回復期も病状は一進一退で…/料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。⑥

2021年5月24日

  • 36歳のときにうつ病を患い、料理だけができなくなってしまった食文化ジャーナリストの著者。家庭料理とは何か、食べるとは何かを見つめなおした体験的ノンフィクションです。


    料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。
    『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』(阿古真理/幻冬舎)

     回復期は少しずつできることがふえて、うれしくもあるが、同時になかなかやっかいな時期といえる。病気で大変な時期は、案外回復期なのかもしれない。


     前より体が動き頭が働くこと、少し欲望が出てきたこと自体はうれしかった。お気に入りの公園へ散歩してリフレッシュすることもできるし、「これが食べたい」「これが欲しい」と思えるのは、すなおにうれしいことだ。最悪の頃は、1日の大半を寝て過ごし、したいことも欲しいものも思い浮かばなかった。


     でも、回復してからも病状は一進一退だ。どす黒い気持ちに支配され、毒を吐くような発言をしてしまうことも多い。よくなったと思って動いたら、すぐに疲れてしまうこともある。困ったことにその疲労は、自覚するより早く態度に表れる。本人ですら気づいていないのだから、周りにはまったく体調の変化はわからない。顔色が悪くなるわけでも、倒れるわけでもないからだ。さっきまでふつうにしゃべっていたのが、急に思考が回らなくなる。頭の中で考えているゴチャゴチャを、言葉にして表現する回路とつながらなくなる。

    続きを読む