ダ・ヴィンチ - ワラウ

うつ回復期の私にとって最大の難関… それは、毎日のあの作業/料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。⑦

2021年5月25日

  • 36歳のときにうつ病を患い、料理だけができなくなってしまった食文化ジャーナリストの著者。家庭料理とは何か、食べるとは何かを見つめなおした体験的ノンフィクションです。


    料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。
    『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』(阿古真理/幻冬舎)

     台所を任されている人にとって最大の悩みは、献立づくりではないだろうか。環境にもよるが、それは毎日のことで何年も何十年も続くのである。誰も交代要員がいない、旅行もめったにしないとなれば、それは休日ゼロの過酷な労働となり得る。2020年のコロナ禍による緊急事態宣言下、朝昼晩と家族がそろって食事するため、レパートリーが足りずにテイクアウトや冷凍食品に頼った人も多いのではないか。


     ふだん、献立のネタに困るとき、皆さんはどう対応しているだろうか。インターネットでレシピを検索する。ストックしてあるレシピ本をめくる。ヒマそうにしている子どもたちに「今日は何を食べたい?」と聞いてみる。スーパーへ行って店頭で決める。誰かとおしゃべりしながら相談する。勤めている人なら、同僚に聞くこともあるだろう。

    続きを読む