ダ・ヴィンチ - ワラウ

少年たちの反抗期/高岡早紀『魔性ですか?』②

2021年5月23日


  • 私に毒なんてあるかしら。いや、毒しか出なかったらどうしよう!?「なんで私、いつも魔性の女って呼ばれるんだろう。そんなことないのに……」恋愛観、娘や犬との穏やかな暮らし、仕事のスタンス。ユーモアと毒をちょっぴり含んだ、人気女優、初めての本音エッセイ。


     私には二人の息子がいます(その下に娘がいますから、子どもは3人ですが)。


     長男、次男ともにアメリカの高校に行かせていたのですが、あるときから、真っ赤とか真っ青とかレインボーとかに染めた、ド派手な頭髪で帰国するようになりました。


     最初見たときには、もちろん驚いて「!?」となりましたよ。でも、日本とは事情が違うでしょうし、「学校で流行っているのかしら? きっとみんな同じような頭をしているのね」くらいに思っていたわけです。


     ところが、息子たちが通う高校に行く機会があり、生徒たちの頭部に注目してみると、派手な頭をしているのは、うちの子だけではないですか!! ママはもうびっくり! 

    続きを読む