ダ・ヴィンチ - ワラウ

発想は良かった? 世界にはざんねんすぎる兵器がたくさん!/ざんねんな兵器図鑑・極①

2021年5月18日

  • 開発者が大真面目に考えて作った結果、出来上がった“見た目も性能もざんねん”な兵器たちをご紹介。陸・海・空のユニークすぎるざんねん兵器の世界へようこそ!


    ざんねんな兵器図鑑・極
    『ざんねんな兵器図鑑・極』(世界兵器史研究会/KADOKAWA)

    ざんねんな兵器図鑑・極

     人類の歴史は戦いの歴史、その中で多くの人が「新兵器」を考案していますが、実際にその兵器が活躍したのはほんのわずかしかありません。その一例が、H・L・ハンリーが開発したハンリー潜水艇です。


     海中から敵を攻撃するという発想は当時すでにあったものの、実際に敵艦を撃沈できたのはハンリーが初めてでした。南北戦争は合衆国(北軍)が勝利し連合国(南軍)は滅びてしまいましたが、ハンリーは「潜水艦」という新しい兵器のスタイルを確立し、その活躍は今も語り継がれています。


    ざんねんな兵器図鑑・極

    所属:アメリカ連合国 年代:1864年


    プロフィール
    ■全長…12.0m
    ■最高速度…7.4km/h(水上)
    ■兵装…外装水雷×1
    ■排水量…7.5t
    ■乗員…8名

    続きを読む