ダ・ヴィンチ - ワラウ

持ち替えなくて便利!? 銃と刀をくっつけてみたら…/ざんねんな兵器図鑑・極②

2021年5月19日

  • 開発者が大真面目に考えて作った結果、出来上がった“見た目も性能もざんねん”な兵器たちをご紹介。陸・海・空のユニークすぎるざんねん兵器の世界へようこそ!


    ざんねんな兵器図鑑・極
    『ざんねんな兵器図鑑・極』(世界兵器史研究会/KADOKAWA)

    ざんねんな兵器図鑑・極

    所属:日本 年代:1920年代


     戦闘の際、馬に乗っている騎兵は片手で手綱を握り、もう片手で銃を構えます。さらに部隊の指揮官は軍刀を掲げて突撃するため、馬上でいちいち(片手がふさがった状態で)銃と刀を持ち替えなければなりません。この不便さを解決するため、日本は銃と刀が一体化した「試製拳銃付軍刀」を作りました


     この兵器、製作期間は足かけ10年に渡ったのですが、銃と刀をくっつけるとかえって取り回しが悪くなり、どっちの用途で使っても中途半端な性能になってしまいました。さらに銃と刀の結合部が弱く、刀が外れやすいといった問題を解決できず、結局不採用となりました。


    ざんねんな兵器図鑑・極

    所属:アメリカ 年代:1930年代

    続きを読む