ダ・ヴィンチ - ワラウ

戦車に次ぐ新兵器は“砲台のついた三輪車”! でも、ある致命的な欠点が…/ざんねんな兵器図鑑・極③

2021年5月20日

  • 開発者が大真面目に考えて作った結果、出来上がった“見た目も性能もざんねん”な兵器たちをご紹介。陸・海・空のユニークすぎるざんねん兵器の世界へようこそ!


    ざんねんな兵器図鑑・極
    『ざんねんな兵器図鑑・極』(世界兵器史研究会/KADOKAWA)

    ざんねんな兵器図鑑・極

    所属:フランス 年代:1915年


     第一次世界大戦の終盤、イギリスは新兵器として戦車を開発しました。そこに至るまで、イギリス以外の各国でも、戦車に似たような兵器を製作していました。


     これはフランスのオーブリオ・ガベーが開発した「フォルタン・オーブリオ・ガベー」です*。37mm砲を搭載した2人乗りの移動要塞で、戦車というより砲台がついた三輪車といったほうがいいかもしれません。小柄な車体のためエンジンを積むスペースがなく、外部に設置した発電機のケーブルから電力を得て動きます。しかし、戦場でケーブルをずるずる引っ張って動くのは何かと邪魔で、ケーブルが切れたら動けなくなってしまうので不採用となりました。

    続きを読む