ダ・ヴィンチ - ワラウ

自分の肩書き、居場所について/前島亜美「まごころコトバ」④

2021年5月21日

  •  アイドルとして活動を始めてから沢山の仕事をさせてもらった。


     メンバー全員でのグループ活動を重ねる中で、少しずつ個人での仕事もいただけるように。


     私にとって初めての個人仕事は13歳。ティーン誌の専属モデルだった。ほとんど始発電車で現場に集合し、1日撮影を行う。当時はマネージャーの同行なしで、毎度変わるスタジオに向かうだけでもドキドキし、初めましてが多いモデルさんとの撮影は刺激ばかりだった。


     いわゆるアイドルポーズとは違う見せ方を求められる撮影。洋服を綺麗に見せる、読者の憧れになる、表紙を目指す、ティーン誌とはいえアイドルの現場とは全く違うモデルの世界はとても新鮮だった。


     同じ頃、初めてドラマ撮影に参加、ゴールデンの刑事ドラマ。ドラマの事なんて何一つわからない。台本を片手におどおどきょろきょろしていた。


     視聴者としてみるドラマはポンポンと場面が展開し、さくさくと物語が進んでいく。しかし、撮影現場に飛び込むと、ドラマを作るのはこんなに大変なのかとものすごく驚いた。

    続きを読む