ダ・ヴィンチ - ワラウ

怒涛の9カ月連続放送! 今の『転スラ』を見逃すな!――『転生したらスライムだった件』中山敦史(監督)インタビュー

2021年5月24日

  • 転生したらスライムだった件 第2期
    TVアニメ『転生したらスライムだった件 第2期』 (C)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

     スライムに転生してしまったサラリーマンが始める新しい異世界ライフ! 主人公リムルは彼を慕い集った数多の魔物たちと<ジュラ・テンペスト連邦国>を建国し、「人間と魔物が共に歩ける国」というやさしい理想を形にしつつあった。だが、この世界には、魔物に対して敵意を向ける存在がいた――。


    『転生したらスライムだった件』は著者の伏瀬が小説投稿サイト「小説家になろう」で連載し、人気を集めた作品。川上泰樹によるマンガ版が執筆され、そのマンガ版をベースにアニメ化が行われた。アニメの第1期は2018年10月からスタート。第2期の第1部が2021年1月から3月まで放送され、4月からはスピンオフ作品『転生したらスライムだった件 転スラ日記』のアニメ版も放送開始。7月からは第2期の第2部が放送を予定している。


     インタビューシリーズのクライマックスを飾るのは、第2期の監督を務めた中山敦史。彼は第1期で副監督を務め、第1話や第7話をはじめとするキーとなる話数の演出を担当していた。演出家として実力を発揮していた彼が、激動の第2期をどのような想いを込めて制作していたのか、存分に語りつくしてもらった。

    続きを読む