ダ・ヴィンチ - ワラウ

コロナ禍の一年を冷静に観察してきた小説家の日記。悪質なデマが流布した過去の悲劇から学ぶべきことは?

2021年6月9日

  • 東京ディストピア日記
    『東京ディストピア日記』(桜庭一樹/河出書房新社)

     桜庭一樹氏『東京ディストピア日記』(河出書房新社)は、東京で暮らす小説家がコロナ禍と向きあった日々を日記形式で綴った本だ。2020年1月からの1年間に起きたコロナ関連のニュースやデータを冷静な筆致でくまなく網羅し、かつ、著者の日常に起きた細かな変化を振り返っている。歴史には、正史(国家による歴史)と、稗史(庶民の日々の歴史)があるとされるが、その両者に等しく光を当てているのが本書の特質だろう。


     正史では為政者のコロナ対策の失政ぶりが淡々と記述される。帰省の自粛を求める地方自治体と、GoToキャンペーンを進める政府のちぐはぐさ。あるいは、飲食店などに営業の自粛や時間短縮を求めながら、金銭的な補償はしないという整合性のなさ。緊急事態宣言の発令と解除を繰り返す政府の一挙手一投足に振り回されたのは、著者だけではあるまい。


     一方、稗史はと言うと、桜庭氏がコロナ以前/以降で変わってしまったと思う風景に、敏感に反応し、日記に綴っている。桜庭氏が住むマンションのエレベーターでは住民同士、気軽に挨拶や雑談を交わしていたのが、コロナ以降では密室空間での飛沫が気になり、桜庭氏は挨拶を躊躇してしまう。そんな中でほっとするのは、贔屓にしている馴染みの喫茶店に寄った時。店員との何気ないやりとりに心が安らいだと桜庭氏は記す。

    続きを読む