ダ・ヴィンチ - ワラウ

肺を鍛えて免疫力を高めよう! エネルギーは呼吸から生まれる/最高の体調を引き出す超肺活②

2021年5月27日

  • 新型コロナウイルスで、もっともダメージを受ける臓器・肺。これまで注目を集める機会がなかった肺にこそ、最高の体調を引き出す力が秘められています。自律神経研究の第一人者が、肺の重要性を徹底解説!


    最高の体調を引き出す超肺活
    『最高の体調を引き出す超肺活』(小林弘幸:著、末武信宏:監修/アスコム)

     2019年12月に中国・武漢で最初の感染者が発見されて以降、私たちは新型コロナウイルス感染症の脅威に長期にわたって耐え忍んできました。


     ワクチンの開発には最短でも1年の時間が必要だとわかり、ワクチン頼みの感染症対策では不充分であることを認識しました。


     晴れて新型コロナウイルス感染症拡大が収束したとしても、SARSやMERSの例が示すとおり、近い将来、新しいウイルスが蔓延する可能性は否定できません。


     いまこそ私たちは、感染症対策として何ができるのか、個々人がしっかりと学んでおくべきでしょう。


     


     日本人の多くはこれまで、「マスク着用」「三密の回避」「外出自粛」「うがい・手洗い・消毒」など、「自分がウイルスに感染しない」「他人にウイルスを感染させない」ための対策を実直に続けてきました。しかし一方で、「発症しないための対策」「発症しても重症化しないための対策」については、無頓着だったといわざるを得ません。

    続きを読む