ダ・ヴィンチ - ワラウ

肺が弱ると心臓や血管にも影響が!? 肺の免疫システムを維持しよう/最高の体調を引き出す超肺活③

2021年5月28日

  • 新型コロナウイルスで、もっともダメージを受ける臓器・肺。これまで注目を集める機会がなかった肺にこそ、最高の体調を引き出す力が秘められています。自律神経研究の第一人者が、肺の重要性を徹底解説!


    最高の体調を引き出す超肺活
    『最高の体調を引き出す超肺活』(小林弘幸:著、末武信宏:監修/アスコム)

     健康的な大人が1分間に吸い込む酸素の量は、およそ500ミリリットルといわれています。そのうちおよそ350ミリリットルの酸素が肺胞から血液に取り込まれています。


     しかし、肺胞が壊れるなど肺が弱っていると、肺胞から取り込める酸素量が減ってしまいます。これを脳は酸素を運ぶ血液が不足していると認識し、心臓にもっと血液を送るように命じます。すると、心臓や血管に負担がかかり、肺以外の部位に疾患が発生してしまう危険性があります。


     たとえば、「肺高血圧症」という病気があります。これはなんらかの原因で肺と心臓をつなぐ血管が細くなり、血液が流れにくくなったことで、心臓に過度な負担がかかり、全身の血流にまで障害が出てくる疾患です。はじめは動いたときに息切れがする、疲れやすい、胸の痛みや動悸、食欲不振やむくみなどの症状が現れ、病態が悪化すると心不全に陥ることもあります。

    続きを読む