ダ・ヴィンチ - ワラウ

「肺を鍛える」とはどういうこと? 筋肉を柔軟に動かすことが大事/最高の体調を引き出す超肺活⑤

2021年5月30日

  • 新型コロナウイルスで、もっともダメージを受ける臓器・肺。これまで注目を集める機会がなかった肺にこそ、最高の体調を引き出す力が秘められています。自律神経研究の第一人者が、肺の重要性を徹底解説!


    最高の体調を引き出す超肺活
    『最高の体調を引き出す超肺活』(小林弘幸:著、末武信宏:監修/アスコム)

     ここで、肺の機能が低下すると、どんな病気のリスクが高まるのかまとめておきましょう。


     肺の機能が低下すると、COPDになる可能性があります。肺胞が壊れて酸素を血液に取り込めなくなるため、重症化すると酸素ボンベが手放せない疾患です。肺の免疫力が下がるため、肺炎が発症して命の危険にさらされる可能性が高まります。


     COPDまでいかずとも、肺の機能が衰えると免疫力が下がり、ウイルスや細菌による肺炎のリスクが高まります。高齢者に増えている誤嚥性肺炎についても、肺の機能が衰えていることが発症の一因です。


     


     このような、肺そのものの病気のみならず、肺の衰えは全身の健康状態を悪化させます。血液中の酸素濃度が低いと、脳は心臓に負担をかけて血液量を増やそうとします。その結果、心臓や血管に過度の負担がかかり、心臓の病気や血管の病気を発症させる危険性があります。

    続きを読む