ダ・ヴィンチ - ワラウ

90年代の天才ゲームディレクターが未来へワープ!? スマホ時代に再びゲーム制作開始!『リスタート!~34歳ゲームディレクターのつよくてニューゲーム~】/マンガPOP横丁(61)

2021年5月28日

  • リスタート!~34歳ゲームディレクターのつよくてニューゲーム~
    『リスタート!~34歳ゲームディレクターのつよくてニューゲーム~』(坂木原レム/講談社)

     1990年代半ば、日本のゲーム業界は2つのゲーム機の発売を機に、いわゆる次世代ゲーム機戦争が勃発した。これまでほぼ一強だった“赤と白の8bit機”と“グレーのスーパーな16bit機”でおなじみのゲームメーカーと、そのライバルで英語の土星とネーミングしたゲーム機を発売したゲームメーカー、そして現在5代目を発売した、“遊びで使うコンピュータ”という名のゲーム機を発売した日本の家電メーカーによる、三つ巴の戦いである。


     そんな激動の時代を経て、現在では据え置き型ゲーム機はより高性能化。さらに、今までに無かった新勢力がゲーム業界を席巻する。そう、スマホゲームだ。スマホの存在もそうだが、今では当たり前の“課金”というスタイルが主流になるとは誰も予想できていなかっただろう。90年代から現代に突然タイムスリップし、時代のギャップと戦いながらゲーム制作に挑む男の物語が、今回ご紹介する『リスタート!~34歳ゲームディレクターのつよくてニューゲーム~』(坂木原レム/講談社)だ。主人公は伝説のゲームクリエイター・宮友雄一。

    続きを読む