ダ・ヴィンチ - ワラウ

【最新話レポ】「涙で画面が見えないくらい泣いた」堤真一が迎えた壮絶な最期に涙が止まらない/大河ドラマ『青天を衝け』第16話

2021年6月6日

  • NHK大河ドラマ・ガイド 青天を衝け 前編
    『NHK大河ドラマ・ガイド 青天を衝け 前編』(著:大森美香、監修:NHKドラマ制作班、編集:NHK出版/NHK出版)

    ※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。


     2021年5月30日(日)に放送された大河ドラマ『青天を衝け』第16話。平岡円四郎(堤真一)が非業の死を遂げる展開となり、視聴者から「こんな辛い結末見たくなかったよ…」と悲しみの声が巻き起こった。


     今回のエピソードでは、土方歳三(町田啓太)ら新選組による“池田屋事件”が発生。攘夷派志士たちの怒りは禁裏御守衛総督の徳川慶喜(草彅剛)だけでなく、側近の円四郎にまで向けられることに…。それでも円四郎が慶喜に寄せる信頼は厚く、「この平岡円四郎が尽未来際、どこまでもお供つかまつります」と改めて宣言したほどだ。


     そんなやり取りからしばらく経ち、雨が降るなか円四郎は一橋家家臣・川村恵十郎(波岡一喜)と屋敷の外へ。恵十郎が傘を取りに戻ったところで、円四郎は突然現れた剣客2人に斬りつけられてしまう。血飛沫を上げて倒れ、1度は立ち上がるも再び倒れこんだ円四郎。「死にたくねぇぞ…」と漏らし、最期は声を絞り出すように妻・やす(木村佳乃)の名をつぶやいた。

     円四郎の死は慶喜にも伝えられ、板に乗せられた亡骸と対面。雨に打たれるのも構わずそばに歩み寄り、青白くなった円四郎に向けて「尽未来際と… 申したではないか?」「どうして… どうして…」と声をかけ続けるのだった。


     突如訪れた円四郎の悲運に、ネット上では「涙で画面が見えないくらい泣いた」「平岡様みたいないい人がなぜこんな目に遭うの?」といった反響が続出。果たして慶喜は、側近・円四郎の死を乗り越えることができるのだろうか。


    ドラマ『青天を衝け』
    放送日:毎週日曜 20:00~
    出演:吉沢亮、橋本愛、高良健吾、草彅剛 ほか

  • スタンプを獲得するには、一度 ワラウ を経由してください

    記事一覧に戻る