ダ・ヴィンチ - ワラウ

「シャンパンの鬼」と呼ばれた中洲ナンバーワンキャバ嬢が、働く女性なら誰でも役立つ仕事術を語る!

2021年6月10日

  • 彩花ゆい 愛を注ぐ人 人生は愛すること、愛は与えること
    『彩花ゆい 愛を注ぐ人 人生は愛すること、愛は与えること』(彩花ゆい/主婦の友インフォス)

     インスタのフォロワーは約9万人(2021年6月現在)、SNSでも大人気の元中洲ナンバーワンキャバ嬢・彩花ゆいさん。2020年3月にキャバ嬢を卒業、東京のクラブでホステスとして“第2の人生”を歩みはじめた彼女のこれまでが、1冊の本にまとまった。その本――『彩花ゆい 愛を注ぐ人 人生は愛すること、愛は与えること』(彩花ゆい/主婦の友インフォス)に記されているのは、意外なほどにシンプルな彼女の接客術だ。


     恋愛関係には終わりがくるけど、お母さんとの関係に終わりはこない。私がお母さんに近づけたらお客様にも信頼感を持ってもらえる。それがあればみんな忘れずに帰ってきてくれる。


    「シャンパンの鬼」との異名を取った彼女だが、その接客の秘訣は、世界の人々の「お母さん」のような活動をしてきたマザー・テレサのように、お客様ひとりひとりに愛をもって接すること。「その人の家族になったつもりで接しなさい」というフレーズだけならばよく聞くが、彩花さんの言葉には、彼女の経験に裏打ちされた重みがあるのだ。

    続きを読む