ダ・ヴィンチ - ワラウ

『コロナ禍でもナース続けられますか』最前線でウイルスと戦う看護師のエッセイ

2021年6月9日

  • コロナ禍でもナース続けられますか
    『コロナ禍でもナース続けられますか』(あさひゆり/竹書房)

     コロナ禍の今、病院はどのような状況なのか。現役ナースの著者が医療従事者の視点から生々しく描いた作品が発売された。


     それがコミックエッセイ、『コロナ禍でもナース続けられますか』(あさひゆり/竹書房)である。これを読んで、改めて病院で働く方たちへ感謝し、感染予防について一層気を引き締めないといけないと感じた。



     2019年12月の報道を皮切りに、コロナウイルス2(SARS-CoV-2)こと、新型コロナウイルスが世界を襲ったのは2020年からだった。


     その新型コロナウイルスの感染症(COVID-19)は、感染力が強く、重症化した場合の恐ろしさはもはや書くまでもない。看護師兼マンガ家として作品を発表してきたあさひゆり氏の病院にも新型コロナウイルスは忍び寄る……。


    「前書き」にあるが、外出自粛は叫ばれても、病院という特別な場所はいつも通りの機能を求められてきた。そこで働く医療従事者たちはコロナの抗体など持たない生身の人間だ。

    続きを読む