ダ・ヴィンチ - ワラウ

「たった数日の関係でも子どもが心を開く一瞬を逃したくない」――『漫画家しながらツアーナースしています。』著者・明さんに聞く、ツアーナースという仕事

2021年6月8日

  • 漫画家しながらツアーナースしています。 現役ナース・先生・ママの“推し”セレクション
    『漫画家しながらツアーナースしています。 現役ナース・先生・ママの“推し”セレクション』(明/集英社)

     学校や民間団体の宿泊行事に同行し、子どもたちの病気やケガのケアをするツアーナースという仕事。『漫画家しながらツアーナースしています。』(集英社)は、ツアーナースと漫画家を兼業する著者の明さんが、Webサイト『よみタイ』で連載していたハートフル・コミックエッセイです。


     2021年6月4日には、現役ナース・先生・ママのセレクション全16話を掲載した最新作が発売されました。日々成長していく子どもたちの凄さや、それを見守る明さんの想いの強さを、より深く感じられるエピソードばかり。涙なしでは読めない1冊に仕上がっています。


     たった数日間の宿泊行事のなかで、著者が見つめた子どもたちの姿とは? 本書に込められた想いを明さんに聞きました。


    (取材・構成・文=吉田あき)


    ――この漫画は、子どもを持つ親や医療従事者、学校の先生、子どもなど幅広い層に読まれているそうですね。どんな反響が多いですか?

    続きを読む