ダ・ヴィンチ - ワラウ

目指すは住みたい町ナンバーワン! 変わりゆく「相鉄」のプロジェクトに注目!

2021年6月8日

  • 相鉄はなぜかっこよくなったのか
    『相鉄はなぜかっこよくなったのか』(鼠入昌史/交通新聞社)

     新宿駅の埼京線のホームで見かける濃紺一色のスタイリッシュな電車をご存じだろうか? 今ではすっかり珍しくなった全面塗装の車両は、100年の歴史と新しい取り組みによって誕生した、相鉄(相模鉄道)の12000系電車。このネイビーブルーのとなった理由を解説するのが『相鉄はなぜかっこよくなったのか』(鼠入昌史/交通新聞社)だ。


     ここで知らない方のために、相鉄のプロフィールを。神奈川県の横浜と海老名を結ぶ本線と、二俣川からの支線・いずみ野線が基本。2019年に相鉄・JR直通線が開通し、埼京線に乗り入れて渋谷や新宿などへとつながっている。


     どんな路線かというと、まずは最もメジャーな駅・横浜。一日の平均乗車人数は、JRについで相鉄が2位。横浜駅から4つ目の、天王町から帷子川沿いを星川へ歩くと、古き横浜の内陸工業地帯の面影を残しつつ、住宅地へと発展した様子がうかがえる。

    続きを読む