ダ・ヴィンチ - ワラウ

ゲイとして生まれ孤独を覚悟した著者によるエッセイ『僕が夫に出会うまで』がコミカライズ! 重版も決定!

2021年6月8日

  • 僕が夫に出会うまで
    『僕が夫に出会うまで』(原著:七崎良輔 著:つきづきよし/文藝春秋)

    「自分をゲイだと認めたとき、孤独死すると思ったんです」


    『僕が夫に出会うまで』(文藝春秋)の著者である七崎良輔さんにインタビューしたとき、彼がこぼした一言だ。いつか結婚して、温かい家庭を持つと信じていた七崎さんは、自らの性的指向を認めたときに「たったひとりきりで生きていく不安」に襲われたそうだ。それはなぜか。日本では同性愛者への世間の風当たりがいまだ強く、さらに同性婚が認められていないからである。


     だからこそ七崎さんは筆を執り、自身の生い立ちや最愛のパートナーと出会うまでの半生を綴った。それは文春オンライン上で人気の連載となり、やがて一冊の本になった。それが 『僕が夫に出会うまで』だ。


     その出版からおよそ2年。このたび、 『僕が夫に出会うまで』がBL漫画家・つきづきよしさんにより コミカライズされた。同名タイトルでの連載もまたもや人気となり、累計4,300万PV(※)を突破したという。(※2021年2月時点)

    続きを読む