ダ・ヴィンチ - ワラウ

ビジネスモデルの原型は江戸時代にあった! 三井、にんべん、大丸…天才起業家に学ぶ、企業マーケティング

2021年6月11日

  • 400年前なのに最先端! 江戸式マーケ
    『400年前なのに最先端! 江戸式マーケ』(川上徹也/文藝春秋)

     目新しいアイデアだったり、顧客を大事にしたマーケティングだったり…さまざまな工夫をこらしてヒットをとばし、ビジネスで成功をおさめようとする気持ちは今も昔も変わらない。コピーライターであり数多くのビジネス書を手がける川上徹也氏の最新作『400年前なのに最先端! 江戸式マーケ』(文藝春秋)によれば、それは江戸時代も同じこと。商人たちが活躍した江戸時代には革新的なビジネスモデルがあふれていたという。


     実は日本には江戸時代に創業し200年以上続く企業が1340社もあり、その割合は全世界における同様の企業の65%を占めるという。いまどきは起業した9割の企業が10年以内に廃業するといわれる中、この多さは圧倒的だ。このところよくSDGs(持続可能な開発目標)が話題になるが、こうした長く続く企業の存在は「持続可能」にするためのお手本ともいうべきもの。本書には三井、大丸、にんべん、山本山、西川などの老舗大企業の繁栄を築いた人物を取り上げているが、彼らの創意工夫から長続きのヒントも見えてくる。

    続きを読む