ダ・ヴィンチ - ワラウ

夫婦の遺伝子を持つ身体に、夫婦とは関係のないヒューマノイドの電脳の移植。それは一体誰の子どもなの?/AIの遺電子 Blue Age②

2021年6月11日

  • 山田胡瓜著の書籍『AIの遺電子 Blue Age』から厳選して全4回連載でお届けします。今回は第2回です。2175年は「ヒト」と「ヒューマノイド(人権を持ったAI)」が共存する世界。ヒューマノイドも治す研修医・須堂光は、AIを診て、ヒトを見る。お腹の中の子どもが無脳症と診断された夫婦。ヒューマノイドの電脳移植を進められ悩む。


    AIの遺電子 Blue Age

    AIの遺電子 Blue Age

    AIの遺電子 Blue Age

    AIの遺電子 Blue Age

    AIの遺電子 Blue Age

    AIの遺電子 Blue Age

    AIの遺電子 Blue Age

    AIの遺電子 Blue Age

    AIの遺電子 Blue Age

    AIの遺電子 Blue Age

    AIの遺電子 Blue Age

    <第3回に続く>

  • スタンプを獲得するには、一度 ワラウ を経由してください

    記事一覧に戻る