ダ・ヴィンチ - ワラウ

朝ごはんで肌の悩みを改善!? Twitterで話題の皮膚科専門医が目的別にメニューを紹介!

2021年6月10日

  • おくすり朝ごはん 皮膚科医が肌荒れしたら食べる
    『おくすり朝ごはん 皮膚科医が肌荒れしたら食べる』(小林智子/ワニブックス)

     乾燥や花粉、汗、紫外線など、肌への負担となる要素は一年中尽きることがない。おまけにストレスや食生活の乱れ、睡眠不足なども加わり、現在進行形で日常的に肌荒れに悩まされている人も多いはず。しかし「肌荒れ」と言っても、その原因や症状はさまざま。自分の肌荒れはどうすれば改善されるのか、適切な処置が分からない人もいる。そんな人にぜひ読んでほしいのが『おくすり朝ごはん 皮膚科医が肌荒れしたら食べる』(小林智子/ワニブックス)。


     本書は朝ごはんを中心とした食生活で必要な栄養を補い、内側から肌質の改善を目指していくための本。目次が症状別になっているため、自分の悩みに合った対処法を見つけやすいのも嬉しいところ。


    おくすり朝ごはん 皮膚科医が肌荒れしたら食べる

     例えば、カサカサ肌の人。空気が乾燥する秋冬はもちろん、クーラーや汗の蒸発などでもカサカサしてしまいがち。筆者も物心つく前からずっと乾燥肌で、どうにか保湿力を上げられないものかと常々思っている。

    続きを読む