ダ・ヴィンチ - ワラウ

4歳の姫の笑顔を巡って四者四様の兄弟がほんわかバトルするホームコメディ!『木瀬四兄弟のジンギなき戦い』/マンガPOP横丁(63)

2021年6月11日

  • 木瀬四兄弟のジンギなき戦い
    『木瀬四兄弟のジンギなき戦い』(小山田ダダ/オーバーラップ)

     無邪気な子どもの笑顔が持つ破壊力たるや、まさに昇天モノの尊さと癒し。さて今回は、その笑顔を誰よりもたくさん見たいがために、1人の子どもを巡ってほんわかバトルを繰り広げる男たちを描いた、小山田ダダ先生の『木瀬四兄弟のジンギなき戦い』(オーバーラップ)をご紹介したい。


     木瀬と書いて『このせ』と読むその一家には、見た目も性格もバラバラな四兄弟がいた。会社で期待のホープと呼ばれているサラリーマンの長男・咲太郎、女好きのイケメン美容師の次男・晴斗、根暗で気弱な大学生の三男・亜季、成績は文句なしなのに無口すぎてホワイトボードで会話する高校生の四男・純。半分は社会人の彼らは今もひとつ屋根の下で仲良く暮らしていた。


     ある日、たまたま同じタイミングで4人が帰宅し、咲太郎が玄関の扉を開けると、なんと小さな子どもが1人立っていた。服装から男の子と勝手に推測した四兄弟。咲太郎が話しかけても無言だったが、ズボンのポケットから1枚の紙を取り出し、それを渡してきた。中身を確認してみると、4兄弟の母親の友人夫婦が海外出張のため、その夫婦の子を預かることになったという母親からの手紙だった。預かる期間は1年。名前は“ちひろ”で、4歳の保育園児。四兄弟側も自己紹介をするが、彼らの怒涛の自己紹介にちひろはポカーンと置いてけぼり状態に! お風呂の時間になると、咲太郎が服を脱ぎながらちひろを誘うもそっぽ向かれてしまう。そうこうしていると母親が帰宅し、衝撃の事実が知らされる。実はちひろは女の子だったのだ!

    続きを読む