ダ・ヴィンチ - ワラウ

田舎の寿司屋になぜ外国人がやってくるのか? ホリエモンも認めるすごい店

2021年6月11日

  • 自己流は武器だ。 私は、なぜ世界レベルの寿司屋になれたのか
    『自己流は武器だ。 私は、なぜ世界レベルの寿司屋になれたのか』(渡邉貴義/ポプラ社)

     今、世界から注目されている寿司屋がある。福岡県の戸畑にある「照寿司」だ。戸畑は北九州市にあり、とても交通の便がよいとは言えない場所。それでも、完全予約制のこの店に、海外からもお客さんがやってくる。いったい、何が彼らを惹きつけるのか。


     本書『自己流は武器だ。 私は、なぜ世界レベルの寿司屋になれたのか』(渡邉貴義/ポプラ社)は、照寿司の三代目・渡邉貴義氏が書くビジネス書。地元で愛される田舎の寿司屋だった照寿司が、「世界一有名な寿司屋」と呼ばれるまでになった道筋を語っている。実業家の堀江貴文氏も絶賛する照寿司の戦略は、伝統的な寿司屋の枠を大きく超えていた。ポイントは、「体験」と「SNS」だ。


     高級な寿司屋と聞いて思い浮かぶのは、どんな空間だろうか。カウンターが並び、寡黙な大将が寿司を握る。お客は騒いではダメで、出されたお寿司を静かに味わって食べる。だが、こうした日本流の寿司屋は、外国人からすると「プリズン寿司」なんて言われるらしい。牢屋に入れられているようで、つまらないというわけだ。しーんと静まりかえらずに、おいしいものをワイワイ食べたい。たしかに、わかるような気がする。

    続きを読む