ダ・ヴィンチ - ワラウ

脳ではなくて腸を信じる!? 腸と腸内細菌に優しい生き方をしよう/突き抜けるコンディション革命③

2021年7月22日

  • 小林弘幸著の書籍『突き抜けるコンディション革命』から厳選して全5回連載でお届けします。今回は第3回です。著書累計200万部突破。スポーツ学の名医が教える、仕事、スポーツ、食事、ストレス対策、ダイエット、感染防止、メンタル強化など、困難な時代でも結果を残す心と体のコントロールメソッド50! やさしい世界の“やさしい言葉”に安住せず、厳しい現実社会でも突き抜ける心と体のコンディションを身につけよう――!


    突き抜けるコンディション革命
    『突き抜けるコンディション革命』(小林弘幸/ワニブックス)

     あなたは、腸のことを単なる消化器官であり、脳に比べれば極めて下等な臓器だと思っていませんか? まずはその認識を改めていただく必要があります。


     昨今、腸の重要性が注目され、「腸は第二の脳である」などといわれますが、私はまだ不満です。脳よりも腸のほうがずっと頼りになる臓器だからです。


     生物の進化の過程から紐解いてもそう言えるでしょう。腸は脳が出来上がるはるか昔から存在していた根元的なものです。進化の過程はよく樹の枝分かれにたとえられますが、腸は樹の幹に相当し、そこからさまざまな臓器が枝分かれしています。

    続きを読む