ダ・ヴィンチ - ワラウ

戦争がもたらす残酷な現実を知る。科学のロマンと戦時下の青春を描く『太陽の子』

2021年7月22日

  • 太陽の子 GIFT OF FIRE
    『太陽の子 GIFT OF FIRE』(黒崎博:原作、樹島千草:小説/集英社文庫)

     今から76年前の8月6日、一瞬にして広島の人々を地獄に突き落としたのがアメリカ軍による原子爆弾の投下。あまりにも痛ましいこの悲劇は、永遠に忘れてはならない出来事として今日まで語り継がれている。


     2021年8月6日に全国公開されるのが、『映画 太陽の子』だ。本作は戦時下の原子爆弾開発をテーマに、3人の若者たちの決意と揺れる思いを描いた作品。柳楽優弥や有村架純などの人気実力派俳優の出演のほか、昨夏に亡くなった三浦春馬さんの公開最後の作品でもある。


    『太陽の子 GIFT OF FIRE』(黒崎博:原作、樹島千草:小説/集英社文庫)は、そんな注目作のノベライズ版。戦争の怖さや国のために全てを捧げることが正しいとされていた時代の苦しみが伝わってきて、自分の生き方を見つめ直したくなる。


     舞台は、第二次世界大戦中の日本。開戦時、日本はいくつかの戦いで勝利を収めたが、徐々に国の脆弱さが浮き彫りに。1942年ミッドウェー海戦に敗北し、1944年にサイパンが陥落すると、アメリカ軍による本土空爆が本格化。

    続きを読む