ダ・ヴィンチ - ワラウ

21歳大学生のデビュー作が松本清張賞受賞! 女子高生が大麻栽培!? インモラル小説の“中毒性”

2021年7月22日

  • 万事快調〈オール・グリーンズ〉
    『万事快調〈オール・グリーンズ〉』(波木銅/文藝春秋)

     今思えば、高校時代は目に映るすべてのものに対して、心の中で中指を立てていた。毎日が息苦しかったし、すべてが腹立たしかった。レモネードみたいな甘酸っぱい青春なんてどこにある? そんな風に思いながら高校生活を送った人ならば、この作品に危ういほど惹かれてしまうのではないだろうか。


    『万事快調〈オール・グリーンズ〉』(波木銅/文藝春秋)は、第28回松本清張賞を選考委員の満場一致で受賞した新時代小説。著者の波木銅氏は、弱冠21歳の現役大学生というから、なんと恐ろしい才能だろう。女子高生たちのキケンな日常をユーモラスに描いたこの作品は、中毒性抜群。辻村深月氏は「読みながら、そのセンスの良さに何度も唸り、選考委員としてこの作家のデビューに立ち会いたいと思った」と評し、京極夏彦氏は「先を見通しているのか、後ろが見えていないのか。でも、少なくとも作者には今がはっきり見えている。何者なのか見極めたい」と評す。クライム小説としても、シスターフッド小説としても抜群に面白い。名だたる小説家たちをあっと驚かせた大注目の作品なのだ。

    続きを読む