ダ・ヴィンチ - ワラウ

「セクハラの訴えが上がってきてる!?」心当たりはない、いったい誰が? 報われないおじさんたちの悲喜こもごもを描く『雨の日は、一回休み』

2021年7月22日

  • 雨の日は、一回休み
    『雨の日は、一回休み』(坂井希久子/PHP研究所)

     2008年、「虫のいどころ」で第88回オール讀物新人賞を受賞しデビューして以来、恋愛もの、性愛をテーマにしたもの、スポーツ人間ドラマや家族小説、時代ものと、幅広いジャンルで小説の執筆を続けている坂井希久子さん。そんな彼女が最新作となる連作短編集『雨の日は、一回休み』(PHP研究所)でスポットライトを当てたのは、うだつの上がらない「おじさん」たちだ。


     第1話「スコール」の主人公・喜多川進は、昔ながらの体質の保険会社に勤める50代男性。バブル入社組だと蔑まれるが、たしかに就職は楽勝だった。けれど、そのぶん出世競争は苛烈で、社への忠誠を試されているとしか思えない異動があっても、やりづらい部下をあてがわれても、文句も言わず従ってきた。家庭を顧みることもできず、満員電車でくたくたになっても、懸命に働き続けてきたのだ。ところがある日、そんな進に、定年を控えた部長が告げた。「君に、セクハラの訴えが上がってきているんだよね」と。

    続きを読む