ダ・ヴィンチ - ワラウ

夏といえば「湘南」。湘南らしい音楽とソウルフードって?『散歩の達人』編集長コラム

2021年7月22日

  • 散歩の達人
    『散歩の達人』8月号(交通新聞社)

     こんにちは。散歩の達人編集長の土屋です。


     いよいよ東京オリンピック開幕!なのに、またも東京は緊急事態宣言。夏なのに開放感からほど遠い状況です。そんなときこそ本誌8月号。本誌を読んで、まるで夏の湘南エリアを歩いているように読んでいただけると嬉しいです。


    「湘南」といえば、その範囲が曖昧で、いろんな説のあるエリアですが(湘南の範囲についてのあれこれは「『湘南』とはどこからどこまでか?」や7月31日配信のYouTUBEさんたつチャンネルをご覧ください)、今回は藤沢~大磯間という西側のエリアをご紹介。


     湘南随一のターミナルで、古いものと新しいものの調和が心地いい藤沢。サザンやサーフィンのイメージが強く、湘南エリアの代表格ともいえる人気タウン・茅ケ崎。界隈きっての商業地としてにぎやかな繁華街を擁し、下町感が楽しい平塚。海水浴発祥の地で、古くから各界著名人の別荘地として独自の文化を育む大磯。辻堂も含め、JR東海道線の5駅周辺は街の個性が際立ち、わざわざ行きたくなる魅力が詰まっています。ここ数年でさらなる進化を経て、より楽しくなっている本エリア。その魅力をたっぷりお届けします。

    続きを読む