ダ・ヴィンチ - ワラウ

「このあとフーゾクいかね?」同僚の提案に、夫・マサルの反応は…/私の穴がうまらない

2021年9月25日

  •  少子化が進む日本で、近年よく耳にする“セックスレス”。病気など特に事情がないのに、1カ月以上行為がないことを表す言葉です。
     おぐらなおみさんが描いた『私の穴がうまらない』は、まさにその問題に切り込んだコミックエッセイ。物語の主人公・ハルヒは、夫・マサルと中学生の娘・アラタの3人で暮らしながら、編集として忙しく働いている。日々充実しているものの、気づけば夫とは何年も“レス”状態が続いており、虚しさを抱えていた――。
     温泉旅行に行く前、マサルは同期会に参加していた。そこで、「このあとフーゾクいかね?」と誘われ――。
    ※本稿は、おぐらなおみ著の『私の穴がうまらない』から一部抜粋・編集しました


    私の穴がうまらない

    私の穴がうまらない

    私の穴がうまらない

    私の穴がうまらない

    私の穴がうまらない

    私の穴がうまらない

    私の穴がうまらない

    <続きは本書でお楽しみください>

  • スタンプを獲得するには、一度 ワラウ を経由してください

    記事一覧に戻る