ダ・ヴィンチ - ワラウ

「どうしてことばが遅いんだろう」子どものことばの遅れが気になったときに知りたいこと

2021年9月15日

  • ことばの遅れが気になるなら 接し方で子どもは変わる
    『ことばの遅れが気になるなら 接し方で子どもは変わる』(古荘純一:監修/講談社)

     子どもの成長・発達にはそれぞれのペースがあるもの――そう頭ではわかっていても、なんとなく「月齢や年齢ごとの成長目安」にある程度沿っていないと不安というママ&パパは多いかもしれない。中でも1歳半くらいから気になりだすのが「ことば」について。個人差が大きいとは思いつつ周りのお友だちにことばが出始めると焦るし、ましてや乳幼児健診で「ことばの遅れ」を指摘されたらすっかり不安になってしまう…。


     もしも、そんな悩みを抱えているママ&パパがいたら、ぜひこの本を手にとってみてほしい。『ことばの遅れが気になるなら 接し方で子どもは変わる』(古荘純一:監修/講談社)は、発語のメカニズムをふまえた上で、声かけや読み聞かせ、スキンシップや感覚遊びなど発語に結びつく心と体への働きかけを具体的に教えてくれる1冊だ。


    「『ことばの遅れ』と一言でいっても、背景はさまざまです。個人差もあります。過剰に心配していろいろな訓練をおこなっても、その子のコミュニケーション能力が改善するということは証明されていません」とは、本書の監修者であり青山学院大学教授で小児科医・小児精神科医の古荘純一先生。ママ&パパの中には「私の愛情が足りていないから?」と自分を責めてしまったり、習い事などの早期教育に力をいれて一生懸命になりすぎる人もいる。そんなママ&パパたちに古荘先生は「心配なあまりお子さんに無理をさせていませんか?」とやさしく問いかける。

    続きを読む