ダ・ヴィンチ - ワラウ

教師の時から変わらない、児童文学の名手・はやみねかおるさんが意地張ってでも貫き通したいこと

2021年9月23日

  •  記憶に新しい『都会(まち)のトム&ソーヤ』の映画化に、2022年には『怪盗クイーンはサーカスがお好き』の劇場OVAアニメ化が決定し、ますます注目が集まる、児童文学の名手はやみねかおるさん。1990年のデビュー以来、著作の累計発行部数は660万部を突破。朝井リョウさんをはじめとする多くの小説家に影響を与え、芦田愛菜さん、上白石萌音さんといった本好きで知られる芸能人の支持もアツく、今の30~40代を筆頭に、はやみね作品を読んで育った人も多いことだろう。そこで、ダ・ヴィンチニュースは、三重県に仕事場を持つはやみねさんに、これまでとこれからのお話をうかがった。


    (取材・文=立花もも)



    ――遅ればせながら『都会(まち)のトム&ソーヤ』映画化おめでとうございます! デビュー31年、初の映画化ですね。


    はやみねかおる(以下、はやみねさん):ありがとうございます。2年くらい前にお話をいただいたときは、「嬉しいです~。よろしくお願いいたします~」なんて言いつつ、実はあんまり期待しとらんかったんですよ(笑)。というのも、これまでいくつかいただいていたメディア化のお話は毎回ぽしゃっていたもんで。ところが、今回はとんとん拍子に話が進みまして。『かぐや様は告らせたい』の河合(勇人)監督だとか、内人役には『万引き家族』の城(桧吏)さんだとか、夢みたいなことばっかりおっしゃるので、これは絶対に無理やろな~って思っていたら、本当に映画化されたので、びっくりすると同時に嬉しかったですね。

    続きを読む