ダ・ヴィンチ - ワラウ

はやみねかおる「完結することが大事。あと8年できっちり締めくくる」

2021年9月25日

  •  数字が人気を表わすように著作の累計発行部数は660万部を突破。児童文学の名手・はやみねかおるさんが、32年にわたり世に生み出してきた数々の作品に夢中になった今の30~40代を筆頭とする“はやみねファン”にとって衝撃的なお話が…。「小説を書くことから引退」という言葉がはやみねさんから語られることになるとは。その真相についてをうかがった。


    (取材・文=立花もも)


    ――あと8年で引退するご予定なんですか?


    はやみねかおる(以下、はやみねさん):もともとはあと3年……60歳になったら引退しようと思っていたんですよ。ぼくが小学校の先生になったとき、定年退職すると思っていたのと同じ年。ところがぼくの少し上の世代から、定年は65歳になったもので、じゃあそれに倣おうと。


    ――その前に、すべての作品をひとつに集約する……というのは?


    はやみねさん:これまでの作品の中にもけっこう、解き明かされないままの謎が残っていまして、その種明かしを済ませてしまいたいんですよね。たとえばいつか、5歳くらいの子どもが図書館に行ったとするでしょう。そこではやみねかおるの本をはじめて手にとり、興味をもってくれたとする。そのときにはもうぼくが死んでいたとしても、すべてがちゃんと完結していたら、それだけで思う存分楽しめるじゃないですか。だけど何かの事情で書き終えないまま引退したり、急に死んじゃったりすると、読者は「あれはどうなったんだろう……」とモヤモヤしてしまう。ぼく自身、小説でもマンガでも続きが読めないまま終わってしまった状態というのがいちばん、喉にトゲが刺さったような気分になりますから。

    続きを読む